オールインワンゲルのメリットデメリットを徹底評価

オールインワンゲルは1つで全てのスキンケア工程が詰まっているので、ワンステップでスキンケアが完了してしまう手軽さが人気を集めています。

 

最近ではオールインワンゲルを使う方も増えてきていますが、「オールインワンゲルのメリット・デメリット」についても知っておくと、オールインワンゲル選びにも役立ちますよ^^

 

こちらでは「オールインワンゲルのメリット・デメリット」について解説しています。

オールインワンゲル メリットとデメリット

気になるオールインワンゲル、メリットとデメリットを知っておこう!

オールインワンゲルを使うメリットとは?
スキンケアにかかる時間を大幅に短縮できる!

これまでは「化粧水・美容液・乳液・クリーム」が基本のスキンケアステップでしたが、オールインワンゲルはこのステップを全て1つに凝縮。これまでスキンケアにかかっていた時間を大幅に減らす事が出来ます。

 

ゲルは合成界面活性剤を使わないで作れるという利点がある

水と油は混ざらない性質があるので、化粧品を作る時は「合成界面活性剤」を使わなければなりませんでした。

 

この合成界面活性剤はお肌に悪い影響を及ぼす成分でもあるのですが、オールインワンゲルは添加物を使わなくても作れるという特性があります。

 

一般的な基礎化粧品よりも使用する添加物を減らせるので、お肌の負担が少なくなるというメリットがあります。

 

お肌に触る回数が少ないから、本来の機能を乱さない

お肌は自らを修復したり、外部の刺激から守る作用が備わっています。(ターンオーバー、バリア機能など)

 

この機能が正常に働く事で「美肌」が保たれるのですが、スキンケアによってお肌に触る回数が多いとバリア機能などを壊してしまうので、お肌が乾燥しやすくなったり…などのトラブルが起きやすくなります。

 

オールインワンゲルはお肌を優しく保湿しながら、肌に触る回数をグッと減らせるので、お肌本来の機能を守りながらスキンケアを行う事が出来るのです。

 

 

オールインワンゲルを使う事で起きるデメリットとは?
1つでは保湿が不完全な場合も

ワンステップでスキンケアを終了させてしまうので、人によってはお肌の乾燥を感じやすくなる場合もあります。

 

乾燥を感じてしまう方はゲルの後に保湿クリームを塗ったりなどの工夫をしてみて下さい。お肌がゲルに慣れていくとワンステップだけでも充分うるおう様になっていきますよ。

 

1本の値段が少し高め

オールインワンゲルは1本の値段が少し高めに設定されています。(相場は大体3,000円〜5,000円程度)

 

基礎化粧品をフルシリーズ揃えるよりは断然安く済みますが、最初にかかる費用が少し高めだと言われています。

 

⇒薬用ホワイトニングリフトケアジェルの効果をガチ暴露|口コミ評価